シマンチュのおすすめエリア

まだまだある
南城市のおすすめスポット

歴史豊かで自然に溢れる南城市は観光スポットの宝庫。

ここでは、南城市を知り尽くした観光のプロ

市役所観光課の職員が厳選したおすすめエリアを

​その歴史的背景とともにご紹介

01

​琉球王国の聖地エリア

琉球王国の創生神「アマミキヨ」が作ったとされる、琉球王国最高の聖地「斎場御嶽(せーふぁうたき)」を中心に、様々な歴史的スポットが集まるエリア。現代でも聖なる空間として地元の人々に守られています。

​おススメスポット:

斎場御嶽(せーふぁうたき)

02

​創造神上陸の聖地

エリア

かつて、アマミキヨという神がやってきて降り立った場所がこのエリア、百名の海岸であったと伝えられています。また、稲作発祥の地としても知られる、ツルによりもたらされた稲が実り、それを湧き水の付近に移して3つの田んぼを開いたとされています。

​おススメスポット:垣花樋川

03 

​海神祭と観音堂の島

エリア

独特な海人文化を持つ奥武島は旧暦の5月4日に海神祭が開催され、その中でハーリーと呼ばれる船のレースが開催されます。集落の中心地には観音堂があり、かつて難破していた朝鮮の船を奥武島の人々が助けたことで、そのお礼として贈られた観音像を安置しています。

​おススメスポット:奥武島観音堂

04

沖縄人のルーツエリア

沖縄本島の南半分は琉球石灰岩と呼ばれる地盤が分布しています。琉球石灰岩はあらゆる面で沖縄の人々の生活を支えてきました。屋敷囲いや道路、井戸などの資材として、そして大戦中には防空壕として人々の命を守りました。

​おすすめスポット:ガンガラーの谷

05

​玉城按司(たまぐすくあじ)とその子孫

エリア

三山統一以前に有力な豪族であった玉城按司は玉城グスクに居城し、長男を同グスクに残し、次男を大城に、三男を糸数に、四男を船越に配置しその防御を固めた。それぞれのグスクから兄弟関係のグスクを眺望することができ、群雄割拠していた当時に思いを馳せることができる歴史的エリアです。

​おススメスポット:玉城グスク

エリアマップ

どこに行くか迷ってしまう
そんなあなたのためのおすすめコース

玉城城1.png
おすすめコース

南城市の魅力を満喫できるツアーをご用意。隠れた沖縄、南城市にどっぷり浸かりたい方のための1日コースと、朝はゆっくり南城市を楽しみたいという方のための半日コースのそれぞれをご紹介。

ツアーに関するお問い合わせ

お申し込みはこちらから

販売業者    株式会社Ridilover
東京都文京区本郷3-9-1 井口ビル2階
東京都知事登録旅行業 第2-6698号